ロボロフスキーのモグとお世話係の ラブリーな毎日を熱く語るブログです。
             
     
                 
     
                    
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も来ましたよ!恒例の梅酒の仕込みが。
(去年の仕込みはヤプログに載ってます)

今年は青梅にちょっとこだわりが入ってますよ。
某酒販店にて青梅を予約しましたの、オホホホ…。
なんとあの「どっちの料理ショー」でも使われたとか、
王陰堂農園の青梅ですよ。って、よく知らないんです、ホントは…。
ネットで調べると、有名な農園なんですね。

で、王陰堂農園の青梅は2?注文したんですが…。
フフフ、よからぬことを思いついた私達。
普通に売ってる青梅で漬けた梅酒とどっちが美味しいでショー。
というわけで、遊びに来てた明石の魚の棚で和歌山みなべ産の
青梅を1kg購入し(梅干まで買っちゃった!ケケ、焼酎用よ)
2種類の梅酒を作ることになったのでした。

明石からの帰りに氷砂糖やらリカーやらワインやらと梅酒作りの
材料と青梅3?と他の食料品やらを買い込みダッシュで帰宅。
ちょっと一息ついてから梅酒作りに取りかかりました。

地味な作業です。
青梅を洗って、竹串でポチッとしたのを取り除いて、
竹串でブスブスと刺して、瓶に入れて、氷砂糖いれて…
の繰り返しを御世話係達は職人のようにこなしましたよ。
でも、数ヶ月経った後の美味なる液体を創造するには
大切な作業なのでぃ?す。待ち遠しいねぇ。

今回は小さな瓶に【ワインの梅酒】も作りました。
以前の失敗から出来上がったら、即、飲み干します。
絶対に残しません。ウォー!

梅エキスを出す為にプチプチと竹串刺した穴だらけ

スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

     
トラックバック
トラックバックURL
→http://mogutoissyo.blog63.fc2.com/tb.php/9-a0cb85c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
     
              
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。